和光現場 第6回

皆さんこんにちは。
前回は基礎工事のスラブ工事の様子を説明しました。
今回は外構工事の一部である浸透トレンチ工事の様子をご覧いただきます。

まず浸透トレンチとは一体何かというと、雨水浸透施設のことを指します。建設物の側面の地面に長い溝を掘り
その溝内に砂利や砕石等を敷くことで雨が降った際、雨水を濾過浸透させることで雨水の急激な流入出を抑
制し、さらに雨水を涵養して地下水にすることにも役立つ施設です。

CIMG4212 CIMG4218

まず始めに地面にこのような溝を掘削します。人一人がすっぽり収まる位の深さです。
次に溝に透水シートと呼ばれる浸水を調整する機能を持ったシートを敷きます。

CIMG4243 CIMG4244  

溝に雨水枡を設置しトレンチ管と呼ばれる穴の開いた管を繋げた様子です。

CIMG4246 CIMG4258

その後溝に砂利や砕石を敷き詰めていきます。この砂利や砕石も浸水を調整する役割をもっています。

CIMG4267

最後に透水シートを被せて埋め戻して完了です。

ここまで浸透トレンチ工事の一部始終を説明させていただきました。
次回はCB工事についてご紹介したいと思います。
それではまた次回。


よろしければシェアお願いします

2016年12月に投稿した王舞企画建築の記事一覧

この記事のトラックバックURL

有限会社 王舞企画建築

〒343-0042埼玉県越谷市千間台東2-15-21

TEL:048-978-5411FAX:048-978-5443営業時間 9:00~18:00 年中無休

宅地建物取引業者免許 埼玉県知事 (6)第16837号
一級建築士事務所登録 埼玉県知事登録 (1)第10427号
建設業許可 埼玉県知事 許可(特-28)第46890号

PAGE TOP
Fudousan Plugin Ver.1.7.9