見沼区 新築工事 経過4

前回に続き、

バルコニー金属防水工事・換気ダクト工事完了報告ですhand02.gif

DSCN3819

もし防水工事をしないと、

バルコニーの材質が、それ自体塗れても問題のないコンクリートだとしても、
コンクリートが露出したままでは、降った雨が建物内部に徐々に染み込んでいき、屋内の壁や天井、家の躯体を腐らせてしまいますicon_cry.gif

家の内部や屋内側の壁にまで水が染み込んでしまうと、室内の湿気、壁紙の剥がれやシミ、雨漏りなどに常に悩まされることになります。
それを防ぐために、上記のように雨を一年中受け止めるバルコニー部分は、防水層で覆う必要があるのです!

DSCN3831

DSCN3856

DSCN3864

建物内にダクトをつなげて空気の道をつくることで、新鮮な空気を建物内に取り込み、澱んだ空気を排出して、建物の空気を循環するためこちらも重要な工事となります。

住居されてからは目に届かない部分ですがこれがないと建物が呼吸出来ません!もちろんこのご時世なので皆さま換気はシビアだとは思いますが、ぜひこまめな換気は人間は当然のこと、建物のことも想ってしてみてくださいkouji-ani.gif

 


よろしければシェアお願いします

2020年6月に投稿した王舞企画建築の記事一覧

この記事のトラックバックURL

有限会社 王舞企画建築

〒343-0042埼玉県越谷市千間台東2-15-21

TEL:048-978-5411FAX:048-978-5443営業時間 9:00~18:00 年中無休

宅地建物取引業者免許 埼玉県知事 (6)第16837号
一級建築士事務所登録 埼玉県知事登録 (1)第10427号
建設業許可 埼玉県知事 許可(特-28)第46890号

PAGE TOP
Fudousan Plugin Ver.1.7.9